●檀家になった後の事
仏事は、既にご承知のとおり、先祖を供養すると言うお気

持ちの上に成り立ち、それを平等に対応するのが、お寺の

勉めと心得ております。何方も同じ対応となります。

 お経は不空三藏が漢訳いたしました真言宗の

常用経典「理趣経」を読経をいたします

寺から届く郵便物は、手違い以外は、全く同じ内容物が同時に郵送されます。
問い合わせは、答えられる立場にある者は何方でも同じ事をご返事できるように心掛けております。


事故での遅延や失敗以外での不平等による事故がないことが当寺での幸いであり、特別扱いを求める心卑しき人と無理難題に心を砕くことほど疲れる事が一番大嫌いなことです。でもきれい事では済まない世の中と言うことも承知しており、少々のことは可能な限り対応をいたしております


戻る