愛知県豊明市の永代供養納骨堂・墓地<香華山 高徳院>

新たな永眠の地 香華山 いにしえの調べを育み、時を刻む香華山。名古屋、豊明の街を目下に望むこの地から、未来へつなぐ新たな供養の絆のあり方がはじまります。

よくある質問

1)永代供養とは…

亡くなられた方のために、お寺が末代まで祥月命日に供養する読経です。
永代供養に申し込まれますと、年忌法要や春秋の彼岸など、行事の折にご案内が届きます。

2)お墓との違いは?

お墓は、各家の後継者が先祖代々の墓所を守る必要があります。
永代供養「瑜祇塔」、「樹木葬」は一代限りのため後継者を問うことはありません。

3)「瑜祇塔」を利用した場合、33回忌が過ぎた後どうなりますか?

瑜祇塔の礼拝堂地下にある埋葬場に、個別に埋葬させて頂きます。
以降はお寺が存続する限り、永代に亘って祥月命日にはお祀りさせて頂きます。
33回忌までは祥月命日の読経を終えた連絡が届きます。

●複数名の永代供養の場合、先に亡くなった方はどうなりますか?
最後に亡くなられた方を基準に33回忌(32年)まで利用して頂けます。

4)永代供養の内容はどうなっていますか?

永代供養には33回忌までの合祀法要、毎月21日、瑜祇塔にて合同読経(時間不定期)、永代供養霊位の祥月命日には読経が為され供養完了葉書が郵送されます。
(郵送物一切不要の方には永代に渡り郵送物は届きません)

5)「樹木葬」を利用した場合、33回忌以降に掘り起こしますか?

いいえ、お骨を掘って移すことはありません。

6)檀家にならなければならないですか?

いいえ、檀家になる必要はありません。永代供養は真言宗 高徳院のご供養となります。

7)宗派は問いませんか?

はい、ご利用になるのにご宗派は問いません。永代供養のお経は真言宗高徳院の読経です。

8)お墓詣りの際に、お塔婆やお花を手向けたいです。

塔婆等は瑜祇塔内に場所を設けてありますのでご安心ください。
お花やお供物は腐敗し他の施設に影響が出ますので持ち帰り下さい。

9)宗派を変えたので、お経のお勉強をしたいです。

毎月21日の合同供養祭の際に、法話や仏教のお勉強会、お鈴布団を作ったり、様々な行事を催す予定です。
また、ご希望であれば、お経を吹き込んだCD-Rをお譲りしております。

10)一代墓に申込みしたいのですが、既にお墓を買ってしまっています。

お墓の処分については、お墓のあるお寺に問い合わせて頂くこととなります。
また当寺のお墓に関しましては期間数量限定で無料で対応させていただいております。

11)仏具を申し込みたいのですが、どうしたらいいですか。

永代供養受付にて申込みを承っております。
セット(位牌、お鈴、浄花)もございますが単品でも承っております。

12)後継者や親類が居らず、自分の死後が心配でどうしたらいいのか分からない。

お寺では永代供養の生前予約の他、葬儀の予約も全て行っております。
ご不安な点、気がかりなことがございましたら一度、ご相談ください。

13)既に○○回忌を済ませたお骨を供養する際にはどうなりますか。

亡くなられてから供養を何回忌か行われた場合、お済みになった回忌から33回忌までをお祀りさせて頂いた後より永代、お寺でお祀りさせて頂きます。

14)先祖代々のお骨はどうしたらいいでしょうか。

先祖代々の方々を対象として2霊位の棚をご案内させて頂きます。

15)お骨がどこにあるかわかりません。

お墓の近くのお砂を頂戴させて頂きます。