朗報! 

交通事情が大変良くなりました                                 
★電車で来られる方へ   中京競馬場前 時刻表
中京競馬場前駅が大改装されて大変便利になりました
南側に出口が開設され、お寺へもとても短時間にお越し頂けます
駅は、清潔で近代的な駅へ大変身をしました これだけの駅他にありません

     

こんなに立派で清潔で明るく快適な駅になりましたこれ程の駅は他にチョットないです

今までは駅改札を出て大回りで国道に出てきました


それが 今は改札を出たらスグに国道に出られます


お寺にお越しになられるのに大変便利になりました 
歩道橋を渡って下さい 歩いて3分でお寺ですよ


ここはカーブが有るのに比較的スピードを上げて


車が突進してきますので必ず歩道橋を利用ください
中京競馬場前駅の駅舎改築工事が完成
3月22日(木)に竣工式・記念列車発車式を開催
《「新駅舎完成記念乗車券・入場券」を3月18日(日)から発売、
「新駅舎完成記念乗車券・入場券」プレゼントも実施》
名鉄の駅舎落成の記事を転載します
名古屋鉄道は、日本中央競馬会(JRA)・名古屋競馬(株)・豊明市との四者で名古屋本線 中京競馬場前駅(名古屋市緑区鳴海町字境松42の2、駅長 千賀利通、1日平均乗降人員 約10,000人)の駅舎改築事業を進めてきたが、このほど完成し、3月22日(木)午前9時30分から現地で、徳永泉(とくなが・いずみ)中部運輸局鉄道部長、小峯正(こみね・ただし)日本中央競馬会理事、池田澄(いけだ・きよし)(財)全国競馬・畜産振興会副会長、甲斐一政(かい・かずまさ)名古屋競馬(株)社長、都築龍治(つづき・りゅうじ)豊明市長、木村操(きむら・みさお)名古屋鉄道社長ら関係者約200人が出席し、竣工式および記念列車発車式を開催する。

同駅舎改築工事の主な内容は、(1)現駅舎を撤去し、線路下に新駅舎を建設することにより、駅の北側・南側どちらからも利用ができるようにする。(2)競馬開催時の多客輸送への対応として、上下ホームを拡幅するとともにそれぞれ170mに延伸し、さらにホーム上屋も3両分から6両分に延伸する。(3)バリアフリーへの取り組みとして、改札内に車いす対応エレベーター(11人乗り)とエスカレーターを上下ホームに各1基づつ新設、コンコースに点字案内板(音声案内つき)を新設するとともに、駅舎には新たに身障者用トイレを設置する、の3点。総工事費は、約32億円。


お車でお越しになられる方へ・・・名四国道より便利になりました

一号線は最近渋滞します。ビックリするくらい早くお寺に来られます
名四国道「北崎インター」が便利bnNEの出口になりました 北崎インターを出られましたら名古屋からでしたら左折、知立方面でしたら右折して下さい

 道なりにまいりますと池の前の通りに出ますので右折願います。
右折して2つ目の信号、サークルkの信号を左折して下さい  200bでお寺です