色々な風景
(全ての写真は宗教法人高徳院撮影発行された物であり無断で掲載、複製、再利用は
個人・法人にかかわらず固く禁止します 高徳院 住職、)

昭和19年 東南海沖地震にて倒壊した
旧 高徳院 本堂




地震倒壊以前の本堂内部
手前には山県有朋の扁額が見える(高徳院現有)




旧 高徳院 宝物殿内部
桶狭間の合戦で使われたと伝えられた 武具
(豊明村 大脇地区からの寄進の絵葉書有り)
私が住職になった時、見せ物のために買い求められた物と
人伝に聞いた事があり若かった私は辛い思いもしました。




遠州 二股城主 松井 宗信 墓所のオリジナル写真
(松井家33代当主 松井康三氏寄進の石灯籠や手向け石が無い)
奥の松林向こうには大正末年に倒壊した
大建造物の伽藍があった(現在瑜祇塔が建っている)





大観峰から

お利口ないぬ  空き缶をくわえてハイぱちり

可愛いタケノコの頭(お寺の山中にて)
ハスの花
当寺境内にある水準点
外観 四角い石蓋を開けると ステンレスと石ころ
外観の丸い石の頂上に石の点が刻まれている。石の点とステンレス及び黒い石ころの高さを定期的に測り東海地方の地盤の高低を測る大切なモノらしい。
明治26年に設置されステンレスと黒い小石は昭和9年ごろに施工されたと説明を受けた。ステンレスはドイツ製石ころは那智石なのでしょうか?
基準点は国会議事堂にあり全国で一等水準点は余り無いと言う




きれいな鳴門の子鯛



高野山の石楠花(金剛三昧院、天然記念物)(5/10)

古戦場祭りのお疲れ鉄砲隊 (お寺の山焼却炉6/8)
のどかなり 芙蓉の中のバッタ 潮騒の香り漂う筆運び
        
            
 
僕な〜、絶対に泣かへんで うん ウン 泣いていない 良かったぞ